ー21.いじめを止めたいけど勇気がない意気地なしのための兵法

あなた(もしくはあなたの子供)がいじめを目撃していたとします。
助けてあげたい。でもいじめっ子が怖い。今度は自分がいじめられるかもしれない。
そんな時のための兵法です。
正直に申せば卑怯な戦い方です。
でも、それによっていじめられている子を救えれば、それはそれで正しい行いです。
誰も誉めてくれないけど、スパイダーマンみたいに陰のヒーローといえなくもない。
さて、もしあなたのお子さんがその目撃者だったとして、お子さんが悩んでいたとします。
これから述べていく手順に沿って行動するよう、アドバイスしてあげて下さい。

ですので、これからは子供目線で述べます。

まず前提として、あなたは臆病ではあるが、正義の心は持っています。
その心は大事にして下さい。
手順①
まずいじめられている子にこっそりと近付く。なるだけ他人に見られないようにして下さい。

手順②
あなたが味方になると告げる。
ただし、絶対に他の人に言うな、と釘を刺しましょう。
その上で正確に、嘘を一切交えずに事実を聴きだしましょう。
最初は誰が悪かったとか、そんな情報は要りません。とにかく、客観的事実(実際に起こった出来事だけ)のみ聴き出します。
記録をきちんと時系列(時間順、起こった順)に整理させます。

③信頼できる大人に相談する
怠け者でないちゃんとした大人に全部話します。
辛いかもしれませんから、横で大人への説明をサポートしてあげて下さい。
基本的に感情のコントロールができない人は信頼できません。冷静にかつ誠実に戦える人か見極める必要があります。
とても大変なことですが、勇気をふりしぼって、冷静に進めて下さい。

【対象1】いじめられっ子の親
きちんと話ができる人か見極めて下さい。感情的になりそうな人なら、もっと後回しにすべきです。

【対象2】教師
やはり同じです。怠け者、あるいは不誠実だったら、後回しです。

【対象3】校長または教頭
やはり同じです。

【対象4】教育委員会
ここまで来ると役所になってくるので対応は慎重に。すぐに着手する気配がなければ、さっさと引き揚げましょう。

【対象5】警察署(少年課または刑事課)
金品を強奪された、殴られた、万引きを強いられた等の凶悪事案のみです。
しかも最終手段なので、かなり証拠と証言を集めないといけません。下手すると「未成年たから注意で済まそう」とするかもしれません。
話の持って行き方に細心の注意か必要です。

【対象6】市長・県知事
誰も動いてくれなかった、あるいは動いても効果がなかった。
そんな時にはどんどんエスカレーション(よりエライ人に行く)するしかありません。
教師や警察官の雇い主は県や市です。

対象のレベルが上がるほどハードルが上がると思って下さい。
さて、あなたはいじめられっ子のお母さんに、状況を説明したとします。
その時に必ずあなたは陰の協力者であって、表立っては協力しないと宣言して下さい。
その上で、情報収集や裏工作を手伝うのです。
だから正体をバラしたら、二度と協力しないと念押しするのです。

④傍観者から証言を取るよう勧める
第三者の証言は重要になってきます。しかしやはりあなたは表に出てはいけません。あくまで黒子で、誰々を呼び出せ、とか陰で指示するのです。

⑤雑魚キャラを味方に付ける
いじめっ子の周辺に必ず金魚のフンがいます。そいつを大人を使って落とすのです。
証言を引き出し、こちら側に付くよう誓約書を書かせるのです。必ず許すようお母さんを説得しましょう。
ここでもあなたは表に出てはいけません。

⑥いじめを止める
ここまで来ると、周囲の雰囲気が変わったといじめっ子も感じるはずです。
いじめようとしたら、あなたが入って止めても問題ありません。
もしあなたに突っ掛かって来ようとしたら、「この前彼(いじめられっ子)のお母さんが来たんだよ」と忠告を装いましょう。
その上で、すかさず矛先を他のヤツに向けるのです。
「なあ、▲▲、お母さん、お前の家にも行ったと言ってたぞ」
それだけでいじめっ子の矛先は別の人物に向けられます。
さらに畳み掛けましょう。
「■■(金魚のフン)のところにも行ったらしいじゃん」
と、金魚のフンにまで話を振ります。
ようやくいじめっ子は包囲網が出来たことに気付くわけです。
しかも首謀者があなただとは誰も知りません。
いじめっ子には相応しい罰を大人から与えてもらいましょう。
あなたの役割はここまでです。あなたは誰からもヒーローとは崇められません。
もしかすると、いじめられっ子から感謝されないかもしれません。
でもいいじゃないですか。
あなたによって、一人の命が救われたのです。しかもノーリスクで。
誇りを胸にこれからの人生を謳歌して下さい。
秘密は最後まで守るよう念押しを忘れないで下さい。

それと、もし【対象1】から【対象6】までエスカレーションしても(どんどんエライ人に助けを求めても)ダメだった時には、もはやあなたに出来ることは何もありません。
やるだけのことはやったのです。これ以上無理をしてはいけません。あなたは充分に戦いました。
いじめられている子には、このホームページを教えてあげて下さい。
相談もらえれば何か良いアドバイスが出来るように精一杯頑張ります。

22.悪口への対処

<目次へ戻る>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA