4.敵を知り、己を知る

この章では自分自身と敵とを冷静に分析しましょう、というコーナーです。今や様々ないじめ関連サイトがありますので、そちらのほうも参考になさって下さい。あくまでも参考に過ぎません。
(1)いじめっ子の性格分類(敵を知る)
粗暴型(いわゆるジャイアン)……「お前の物は俺の物、俺の物は俺の物」といういじめっ子の典型ですね。
知能犯型(陰湿に来て尻尾を出さない)……一番質が悪いタイプです。証拠を掴むのに苦労しそうです。

迎合型(小心大衆迎合型。最も多いタイプ)……積極的にいじめを主導することはありませんが、こういうヤツがいるといじめが過熱するから厄介です。早めに潰す手立てを考えましょう。機を見るに敏ですから、引き剥がすのは超簡単。追い込むのは面倒です。

強盗型(金品を要求・または犯罪に荷担させようとする)……悪質さでは随一です。早めに対処しましょう。

サイコパス型(最も危険で近付いてはいけない)……共感性の薄い、いわゆる性格異常です。一般的に知能が高く、社交的です。精神異常ではないので、改善の余地はなく、教育もほぼ無理でしょう。ただし、人口に占める割合は非常に低いので、まずお目にかかることはないでしょう。冷酷だからサイコパスと決め付けるのは間違いです。サイコパスの定義は他のサイトで調べて下さい。もし私が本物のサイコパスと会ったら逃げます。どうにも対処しようがありません。腕力で勝てるとしても、ずっと警戒し続けることは不可能です。

(2)いじめっ子との差を知る
体格差、腕力の差はどれほどか見極める必要があります。その差をひっくり返すためには技が必要です。差があるほど、小手先では対応できなくなります。
次に敵に味方する人物(つまりあなたにとっての敵)は? 人数は? 自分の置かれた境遇をしっかりと見極めましょう。

(3)今現在のあなたのいじめられ度判定
これも様々ないじめ関連サイトにあると思います。色々と見て下さい。
レベル1……時々からかわれる。無理して道化を演じる。→よくある話で、実はいじめられているかも微妙です。本人がいじめと自覚すればいじめでしょうが、周囲に気付かれることはありません。

レベル2……何かを強要され、断ると無視される。これもよくあります。いじめに違いありませんが、周囲から認知されることは難しいでしょう。辛うじて、証言が得られるかどうか。

レベル3
物を隠される、壊される。陰口を言われる。……物理的な被害があるので、証拠は集め易いです。ただし、陰に隠れているので、現行犯でないとかなり面倒です。
ネットで悪口を吹聴される。……かなり広範囲に、社会的なダメージを受けますが、逆に証拠は押さえ易いでしょう。ハードルがない訳ではありませんが、無理でもありません。
葬式ごっこをされる。……これは心のダメージは如何ほどかと思われますが、証拠も証言も押さえ易いです。

レベル4
暴力を振るわれる。汚物を付けられる。金品を奪われる。……もはやれっきとした犯罪です。早めに対処しましょう。
背中に恥ずかしい内容を書いて公共の場を歩かされる。……こちらも強要罪という立派な犯罪です。すぐに対処しましょう。

レベル5
裸にされる。悪事に加担させられる。恥ずかしい写真、動画などをばらまかれる。異性に告白する、あるいはキスなどの行動を起こすよう強要される。一歩間違えば死に到るような行動を強要される。……他にもありますが、目を覆わんばかりです。すぐに断固たる対処が必要です。

●対処の仕方
レベル1
はっきりと拒絶する。孤独を厭わない。……弱いいじめですので、単に厭だとはっきり言うだけで済む話です。法的な手段などすると、あなたが嫌な奴になってしまいます。相手もいじめている認識がないかもしれません。話し合いで終わるなら終わらせましょう。ただし、あなたのお子さんが障がい者で、その事が理由でからかわれたなら見過ごしてはなりません。相手に悪意がなくとも、傷付いていることを伝え、きちんと話し合ってください。「割れ窓理論」というのがあります。空きビルがあって、窓が割れているのに放置したら、そこは悪の巣窟になっていきます。窓を修理する、という単純な作業を怠ったが故に放火や殺人に発展するのです。簡単なんだからすぐに対処しましょう。

レベル2
レベル1と対処は同じです。敵は強くなく、まだどうとでも改善できます。話し合いで簡単に解決できますし、話し合いで終わらせなければなりません。ただ、人間関係なので、全てが理想通りになどなるわけありません。そいつと無理に付き合う必要もないし、距離を取れば済む話です。好かれることを心掛けるよりも畏れられる覚悟も必要です。もし好かれたければ、いじめ対策のホームページを見るよりは心理学のホームページを見るべきでしょう。奥義を極めれば、思うように操れるようになるかもしれません。

レベル3……まだ本人だけで対処できるレベルです。軽蔑される奴隷よりも、尊敬される敵であれ。敵の中に敵を作り、敵を分断して各個撃破を心掛けましょう。基本的に大人の介入は控えるべきと思いますが、子供が対処できないのであれば、現状分析や作戦立案を手伝ってあげましょう。

レベル4……もはや本人で対処できるレベルを超えています。大人の介入が絶対に必要です。証拠を集め、作戦を立てて罠に嵌めましょう。相手の親を呼び出すことは必須です。「穏便に」などと火消しを図るかもしれませんが、安易に乗ってはいけません。また、放置するようなら、とことん親ごと追い詰めましょう。

レベル5……公権力の介入を即座に求めるべきです。ただし、証拠は万全に固めるなければなりません。敵に反撃の余地を与えてはいけません。逃げ場をなくし、とことん追い詰めましょう。もはや修復の必要はありません。クズと付き合う必然性もありませんから。こうなると証拠も山ほどあり、損害賠償は確実です。もしかすると学校は「若者の将来」などと御託を並べて穏便な処置を懇願するかもしれません。私は未来ある若者のためにこそ、やり直しの利く若いうちに世間の厳しさを教えてやるべきと考えます。

レベル1~3は自力救済可能ですので、お子さんの覚悟ひとつで解決可能です。
さて、ここであらためて反撃の必要性について論じようと思います。いじめられる根本的な原因は反撃しないことにあると『いじめらの原因を考える』で述べました。「こいつは何をやっても怒らない」と思われているからいじめられるのです。これはゲーム理論のホームページでしっぺ返しを参照して下さい。

人間に限らず動物でも、互いに牽制し合って生きています。無駄に譲ればそれだけ踏み込んできます。互いの中で、明示であれ、暗黙であれ、ルールが必要なのです。「それ以上無礼をすると、怒りますよ」という牽制がなければなりません。喧嘩して勝つ必要はないのです。必ず反撃する相手をいじめるのは、いじめっ子といえどもしんどいのです。私は四つ歳上の兄がいますが、幼い頃に勝った記憶はありません。しかし、だからといって妥協もしません。泣きながらでも向かっていったのです。つまり相手に面倒くさい想いをさせれば、必ず相手も妥協してきます。

ただし、レベル4を超えたら、中途半端な反撃はさらなるいじめを招きます。少し逆らっただけで、激しく殴られたりするでしょう。だから目立つ行動は避け、ひたすら(さらになるべく早く)証拠を集めましょう。相手を図に乗らせ、増長させて墓穴を掘らせるべきです。証拠の山を築いたら、公権力を使って追い込みましょう。心胆寒からしめ、真人間になるまで教育する必要があります。無論、それはあなたの仕事などではなく、公の専門的な機関が教育すべきです。保護師の友人がいますが、少年院というのは刑務所と違って、意外に自主性を重んじられるらしいです。だから、罪を犯したからといって、酷い扱いが待っている訳でもなく、一生を棒に振る訳でもないのです。いじめっ子の将来を心配する必要はありません。それよりもあなたのお子さん(もしくはあなた自身)の将来を心配しましょう。

5.相手の親のパターンで見る対処法

<目次へ戻る>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA