町内会は誰のもの?

小栗旬、山田優夫妻がご近所トラブルを起こしているとWebニュースにありました。
同じ町内にマンションと戸建てを所有し、「マンションの管理費に町内会費も含まれるはず」と町内会費の支払いを拒否したとか。
結局、管理費に町内会費は含まれておらず、その部分は誤解だったのですが、「そもそも町内会は加入しなければならないのか?」と根本を問う問題に発展しました。
判例からすれば、加入義務はありません。
したら町内会費だけならいざ知らず、お小遣いにもならない金額で損な役回りを押し付けられたりします。
子供会とか入っていれば、それもやむを得ないかもしれませんが、町内行事に興味がなければ、全く意味がないと感じるのも無理はありません。
しかし、行政の扱いは違います。行政は大地震などの時、共助、つまり町内会単位で助け合う前提になってます。
私も自治会活動に役員として2回関わりましたが、好き勝手言ってくる住民にも腹が立ちましたし、上の団体から「地震の時に誰から水をもらうつもりだ」と恫喝に近いことを言われ、腹が立ったことがあります。
そういう品のない恫喝は置いておくとして、実際問題、警察も消防も自衛隊も手が回らなくなります。
行政から見れば、町内会で何とかしてくれ、は無理のない話です。
また、町内会がしっかりしているところはそれだけ防犯レベルも高く、ウザいけどそれも含めて家族の安全を保証している、と思うべきではないでしょうか?
特にゴミ収集まで町内会が含めてやっている場合、もはや徴兵や税金と同じで義務だと思います。
ただ、しょーもない雑用が多くて忙しい人には本当に煩いのも事実なので、最低限のサービスを求める人と、役員引き受ける負担を課した人に対するインセンティブをきちんと分けて、なるべく多くの人が納得できるルール作りを国レベルでやるべきかな、と思います。
どうしても役員がイヤな人は馬鹿高い町内会費で免除してやるとか。金持ちはそれでも納得するんじゃないでしょうか?
裁判員にはきちんとルールが決まっていて、会社側も裁判員の負担に対する理解があるからやれるんだと思います。
これからは地域の教育も安全も、介護も全て共助でやっていかないと無理な時代がくるのですから。

町内会は誰のもの?」への2件のフィードバック

  1. 上田真由美

    〇◇市営住宅は一般募集でしか入居できないにも関わらず 〇◇市上下水道局の正職員が竣工時から入居し退職金をもらい再雇用で3年勤務して現在は年金生活(勿論収入基準を大きくオーバー)その上入居時から市営住宅のカークラブ(公社が駐車場料金を住人に集金させ約4割をキックバック)のお金を住人数人と山分けする行為を約18年間それに関わる住人は生活保護受給者と障害者福祉受給者自治会もカークラブも同様。この中で時折派閥争いがあり次元の低い抗争を繰り返している。そのうちの一人はボートレース狂い。カークラブのお金だけでは飽きたらず〇◇市が各自治会に対して毎年給付している助成金まで十数年にわたってふところに入れていた。公社職員はある組織からの故採用と派遣職員係長以上は本庁からだが2、3年で異動。誰も責任を取らない。生活保護受給し続けながら自動車を一人一台所有。ペット禁止の市営住宅で中型犬を3匹飼育する者もいる。殆どの住人が生活保護受給者にも関わらずペットを飼育。犬の予防接種も“無料”これらは全て税金だ。中でも特筆は生活保護受給し続けベンツ2台所有し一昨年〇◇にも家を建て引越して出て行った女は家財道具の処分も公費で出させていた。その女は〇◇消防署の消防士と事実婚状態にある。これらを福祉や公的扶助とは呼ばないはずにも関わらず関係機関は黙認し続けている。

    返信
    1. 管理人 投稿作成者

      投稿ありがとうございます。
      誠に勝手ながら場所は〇◇に修正させて頂きました。もしかするとコンプライアンス違反になる恐れからです。
      私は裏付けが取れない情報なので。
      でも、もし仮に本当の話だったら酷い話ですね。
      結構こういう話って全国でありそうですが。
      財政破綻をするという話から増税議論になっていますが、きちんと審議して、本当に必要な人のところに福祉予算は回して欲しいものです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA