江戸川乱歩賞に行って来ました

2016090901 20160909_0045

 

 

 

江戸川乱歩賞に行って来ました。
相変わらず亀山千広の話は面白くて、有栖川有栖の話は長くてつまらなかったです。
今年の受賞作は、例年と違って(闇に薫る嘘は別格らしいですが)中々面白そうでした。
主人公がサイコパスというのも乱歩賞には珍しいです。
私は二次落ちだったので、どんなヤツが獲ったのか気になってましたが、受賞者の佐藤究はやはり変な人でした。
中原中也の話を延々とし、「神が言葉を創り、作家は言葉を使って踊るピエロに過ぎない」的な話をしていたのですが、最初はちょっと感心したのですが、だんだんくどくどしだしてました。
「誰か止めてやれよ」と心の中で誰もが思ったでしょう。
久々に会う作家仲間もいて、非常に楽しかったです。
新しく仕事に繋がるかもしれない話もあったし。
非常に有意義でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA