空前の人手不足

今、世の中は空前の人手不足に陥っております。
私の属するIT業界は、なり手がおらず、外国人の経歴書がグルグル回っている有り様です。
外国人は言葉の壁があるので、相当(ビジネス会話レベルの日本語が)喋れる人でないと厳しいです。
さらには電通事件以降、無理な残業はご法度となり、必然的に新人とセットという話が出てくるのです。
新人を人質に、良質な人材の参画を強いる訳です。
やっぱりなんだかんだ言いながら、アベノミクスは成功しております。
完全失業率は過去最低で、賃金の上昇こそないものの、自殺件数が減っております。
民主党政権時代にはデフレ→失業→自殺のサイクルがしっかりありました。労組に支持されていたくせに、失業率を上げる政党なんて皮肉なものです。
やはり印象ではなくデータでしっかり議論すべきと思います。
「安倍政治を許さない」なんて言ったところで説得力がないばかりか、「民主党政権の再来だけは勘弁してくれ」が実感です。
共謀罪にしろ、安保法制にしろ、安倍政治に不安がない訳ではないのに、他に選択肢がない状況は野党がどうにかすべきです。
怪しい添加物入りのカレーでも、カレーとしては食べられますが、もはやカレーですらない気持ち悪いウンコを試す気にはなりません。
共産党との共闘は勝手ですが、共産党が今の憲法を護る、という立場にも疑問です。
共産主義は絶対に今の憲法と矛盾します。そもそも民主主義とも相容れません。
自由な経済活動を制限して、どうやって自由主義を護るのか?
自由を制限することに民主的に反対できるのか?
「そんなことは考えていません」だったら、もはや党名を変更すべきです。
嘘をついている、としか思えません。
森友問題をいくらほじくり返したところで、野党の支持率が上がらない理由はそこにあります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA