久々の注目ヒロイン! 青天目澄子

久々に注目するヒロインが登場しました。
といっても主役ではなく、脇役、もしかしたら全話に登場せず、前半でいなくなってしまう可能性が大なんですけど。
朝ドラ『ひょっこ』で主役の有村架純演じるみね子の同僚役で出ている松本穂香演じる青天目(なばため)澄子です。
澄子は福島の出身で、母を早くに亡くし、弟や妹の世話をしてきましたが、父親が再婚して居場所を無くして、集団就職で上京しました。
あ、ひょっこは東京オリンピック直前の『三丁目の夕日』時代の話です。でも、全然薔薇色の世界ではなく、景気は上向きながらも厳しい世界です。
澄子はマイペースで、作業も遅く、みんなに迷惑を掛けますが、気にしません。
作業スピードは遅くても、夕食のカレー(大好物)をおかわりする時は猛スピードです。
ドラマ上では瓶底眼鏡をかけて、決して美人ではない設定のピエロ役です。
第7週(今週)では、おばあちゃんを想い出し泣いています。いつも夜は口を開けて爆睡する澄子が、です。
次の日ミスを連発して「やる気がないなら故郷に帰れ」と上司に怒られ、意気消沈。
澄子の姿が見えないことを心配したみね子始め仲間が上野駅を懸命に探しますが、いません。
会社に帰ると病院に運ばれていたことが分かり、驚愕の事実が判明します。
このままでは駄目だ、と一念発起し、まずは銭湯でリフレッシュしようとしますが、睡眠不足が祟り、風呂の中で眠ってのぼせて倒れました。
何に一念発起したのか?
なんとカレーをおかわりするほど食べるための一念発起だったのです。
この日はカレーが食べれず、残念とまでのたまいます。
みね子たちはずっと夕食抜きで探してました。でも、悪びれずにしゃあしゃあと話す澄子を誰も憎めません。
どストライクです。福島弁も良いですね。キュートです。
顔が、ではありません。別に好みのタイプでもないし、そもそも小娘だし。でも、こういうキャラは私の直球ど真ん中です。
そういえば、『デート』の薮下依子も私のどストライクです。演じた杏は私のタイプの顔ではないのですが。やっぱり変な性格の女が好きなんだなぁ。
後半も友人役として登場し続けて欲しいものです。しょーもない話で申し訳ありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA