共謀罪法案通過

共謀罪ことテロ等準備罪が参院を通過しました。
与党の強引な手法を批判するばかりで、スキャンダルばかり追い掛けて、本質的な議論を怠った野党にも責任があります。
野党が政権を担えるというリアリティを出せなかったから、与党がナメた結果、強引な手法を使えたのです。
むしろそこを反省して欲しいです。なにしろマイナスの実績があるのだから。
それはそれとして、今回の法案はやっぱり問題があります。
「居酒屋で上司を殴ってやるなんて冗談を言っても共謀罪で逮捕される」なんてバカな例を出すから、誰にも相手にされないのです。
しかし、テロリストがテロを行うつもりで、専門家(テログループではない人)に相談した時、その専門家も一緒に逮捕されるのではないか、と危惧します。
目的を偽ったりしたら、相談されてもそれがテロ行為かどうかなんて分かりません。
作家も人の殺し方を皆で話し合ったりします。端から見たらかなり不穏な内容です。
どうやったら人は死ぬかを日夜研究している、といっても過言ではありません。
その中にテロリストが混ざっていたら、みんな逮捕されるのか?
そのうち「危ない情報をネットに載せるのは止めよう」と自主規制が始まり、表現の自由が危うくなります。
それを判断するのが、役人ではやはり危ないです。彼らは選挙で選ばれていません。
きちんと権力を監視していくべきと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA