家庭内暴力を他人が救う

兵庫県宝塚市の男子大学生が、父親から暴力を振るわれていた女子中学生を助けた事件のニュースを見ました。
雨宿りをしている女子中学生を見掛けた大学生が傘を貸してそのまま去ろうとしましたが、逡巡する女子中学生に異変を感じ、女性の友人を呼んで二人で話を聴いたそうです。
すると、父親から暴力を振るわれており、殴られた痕もマスクで隠しておりました。
県警なんでも相談に電話し、女子中学生は児童相談所で父親からは離れて暮らせるようになったそうです。
大学生の素晴らしい対応で一人の中学生が救われた訳ですが、特に完璧だと思われる対応は、一人で話を聴かずに、女性を同席させた事です。
これで後々の無用なトラブルも回避できます。
しかもきちんとプロに任せて、必要以上に介入しておりません。
素人にとっては極めて適切であり、大学生は警察から感謝状が贈られました。
110番通報する前に、何でも相談(9110らしいです)に相談、覚えておきたいですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA