アスガルディア宇宙王国

アスガルディア宇宙王国をご存知ですか?
SFの国家ではありません。
ロシアの科学者にして実業家のイゴール・アシュルベイリが始めたビジネスなのか、運動なのか。
人口は何と十万人で宇宙空間に樹立したのだとか。
といっても、スペースコロニーなんてまだまだ先の話で、今年の秋に人工衛星を打ち上げ、サーバを積んでいて、そこに登録されるのが十万人なんだとか。
18歳以上であれば誰でも登録でき、本当は二十万人以上いるらしいのですが、住所やメールアドレスなどの個人情報を送らないとスペースノイドにはなれないみたい。
さすがに私も怪しいな、とは思いますが、夢はあります。月の分譲よりはマシかな。
ちなみに、国際法では国家の構成要件として、領土、国民、主権が必要です。
主権の副次的な証明として、他国の承認が必要です。
台湾は他国の承認がないために、色々とメンドクサイ目に遭ってます。元々蒋介石が怒って国連を脱退しなければ良かったのですが。
アスガルディアは国土がないので、仮にスペースコロニーを打ち上げてもどうなるかはビミョーですね。
宇宙条約で領有を禁止されておりますから。
アメリカやロシア、EU、日本、中国などの宇宙大国を相手に戦って勝てるとは思えません。
そういえば、今日は七夕でしたね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA