ネット中傷

今や誰でも大衆向けに情報を発信出来る時代になりました。
政治家や官僚、マスコミ等に対する第4の権力とも言われ、確かに良心的に運営されれば非常に素晴らしい権力となるものです。
ところが、大衆とはえてして下卑たネタが好きで、往々にして腐敗したり、ネジ曲がったりするものです。
酷い話が二件ほどあります。
最近、デマを発信した馬鹿が逮捕されましたが、「俳優の西田敏行が覚醒剤を使用していた」なるものです。
犯人たちは「アクセス数を稼ぐために積極的にデマを発信した」と認めております。
私がこのデマを妻から聴いたのはかなり前で、しかももっと酷い尾ひれが付いておりました。
二件目は、芸人のスマイリーキクチが「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人だというデマです。
キクチは事実無根であるにも拘わらず、十年以上も苦しめられました。
少年法による歪みによる怒りと、愉快犯の歪んだ欲望が馬鹿を増大させました。
あらためてWikipediaを読んでみたら、まあ酷い話です。
犯人たちは検挙されましたが、起訴猶予となり、また民事上の賠償も請求されておりません。
西田の件でも逮捕されましたが、今度は今度はきっちり起訴して欲しいです。
にしても、デマを流して金を稼ぐなんてゲスな商売を野放しにしても良いものか、という気がします。
サイト運営者とか、広告主まで含めた損害賠償請求が出来る法律を作るべきではないでしょうか?
さて、こんなことを長々書いてきましたが、私も反省せねばなりません。
7月4日に『喪中ディズニーランド』というつぶやきをしました。
海老蔵がディズニーランドに行ったと私も信じておりました。その上で論を展開してます。
ところがどうやら、海老蔵が喪中どころか危篤状態の時も含めてディズニーランドに行った事実はなく、アリバイをきちんと検証しているサイトまでありました。デマだったのです。
私は海老蔵をバッシングするクズをバッシングしましたが、であったとしても結果的にデマ拡散に手を貸しかねない振舞いであったため、真摯に反省します。
皆様にもあらためてお詫び申し上げます。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA