ラスベガス銃乱射

ラスベガスで起きた銃乱射事件の詳報が入ってきて、慄然としました。
死者59人という数字も衝撃ですが、負傷者がなんと515人です。
容疑者はホテルの32階から、400メートル先の二万人が詰め掛けるコンサート会場に乱射したようで、今までのテロとは手口が違います。
今までは接近して乱射したり、トラックで突っ込むという手段でしたので、ある意味、容疑者もすぐに反撃されるリスクを負っていました。
高層階ではすぐに撃ち返せないですし、制圧に時間が掛かります。
アメリカみたいな銃社会では、これからは民間のイベントでも警備にスナイパーを配備しないといけなくなります。
犯人が犯行直前に、派手にギャンブルしていたそうですが、破滅してヤケクソになったのか、元々死ぬ気だったから、派手に散財したのかは分かりません。
いずれにしても、総合リゾートといいながら、カジノを大々的にやると、変な奴も呼び寄せる誘蛾灯になることを覚悟しないといけません。
犯人はトリガー・クランク(ハンドルみたいなものでクルクル回して引き金を引き続ける)を付けていたようで、命中精度は落ちるけど規制をすり抜ける金具を付けていたとか。たった数十ドルで通販で売っているんですから、アホな国です。
長距離射撃と、連射の両方が出来ないような新たな規制は必要でしょうね。
銃そのものの規制は国の成り立ちから絶対にしませんが。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA