全米ライフル協会が銃規制を提案

先日のラスベガス乱射事件を受けて、全米ライフル協会(NRA)が連射機能を持たせる金具類を規制するよう求めました。
銃規制の論議が高まる前に、銃に違法な器具(あるいはグレーな金具)を規制して、それで充分だ、との方向へ世論を誘導したいのでしょう。
どうもネット上はNRAがさもフリーメーソンみたいな絶大な陰謀を巡らせているかのような論調ですが、根本的に違います。
そもそもの国家の成り立ちがイギリスに対する抵抗運動から始まっております。
市民が武装するのは権利なのです。
だから米国民全員が銃の所持を止める日は永遠に来ないでしょう。
しかし、連射はマズイと思ったのでしょうね。度々規制の議論が起こっており、実際に州によってマチマチですが、連射器具その物を規制されております。
今回はNRAも早めに手を打ってきたのだと思います。
ところで、私は事件に関して「犯人がトリガー・クランクを使ったようだ」と書きました。

[ラスベガス銃乱射]
どうやらその後の情報によれば誤りで、『バンプ・ストック』らしいことが分かってきました。
連射するための器具には違いないのですが、ハンドルを回すのではなく、発射の反動とバネの力で引き金を引く仕組みであり、原理が違いました。
フェイクニュースを発信したことをお詫び申し上げます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA