保毛尾田騒動

『とんねるずのみなさんのおかげでした』で、とんねるず全盛時代のネタ、保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)というキャラクターを石橋貴明が演じました。
私はその番組を視ておりませんでしたが、保毛尾田は昔、視ていたので、どういうキャラかは知っておりました。
正直、当時から面白いとは思いませんでしたが、どうとも思いませんでした。
で、30年ぶりくらいにやったら大炎上。
LBGTの支援団体から抗議が殺到し、芸人が擁護したら、今度は別の人たちと場外乱闘が起こる始末。
私はどちらの側でもありませんが、表現の自由は最後まで守られるべきと思います。
どんなド最低な表現であっても、多数が圧殺してはいけないと思います。
芸人を殺すには刃物は要らぬ。
「どこが面白いの?」
「つまんねぇんだよ!」
で良かったのではないか、と。
これに関して乙武洋匡が良い事を言っておりました。
「チビ、デブ、ハゲはOKなのに、ホモだけ駄目というのは逆に差別ではないか、という議論は納得できる。ただし、LBGTの人たちはあまりに窮屈な世界で苦しんでいる。まだ公共の電波でネタとして扱うには早過ぎる」と。
私が思うに、オカマが自分をネタにして自虐的に笑いを取るのはアリだと思います。
ホーキング青山だって、障がい者をネタにしていますが、自分からやっているのだから、他人がとやかく言う話ではない。
一番の問題は、石橋はLBGTではないのに、笑いのネタにした事ではないか、と。
ブスの芸人がブスを売りにしても反感は生まれません。
美人がブスを揶揄したら、聴いている周りが凄く嫌な気分にさせられるのと同じではないか、と。
この際、石橋がカミングアウトしたら、私は男気を感じますが、違うでしょうね。
とにかくいかなる言論であろうと、極力封じてはいけないと思いました。
正義はいつか必ず歪み、権力者の道具に使われるからです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA