『はれのひ』のせいで気が晴れない

横浜市のはれのひ(株)が散々金やら着物やらを集めた挙げ句にばっくれた事件で、その後メルカリなどに大量の着物の出品があったことが発覚しました。
もしかすると無関係の可能性もありますが、資金繰りが悪化してからは悪意を持ってやったのでしょう。
もう詐欺ですよね。
詐欺は被害額に応じて量刑がかなり変わるみたいですが、捕まえて厳罰に処して欲しいと思います。
一方、無給で新成人のために対応した店員や、全く関係ないのに対応した会社は称賛されて然るべきです。
てるみくらぶの時もそうですが、どこかで疑ってかからないと危ないですよね。
だからといってダブルブッキングされたら、お店も堪らないだろうし。
今回は会社名が『(株)ハレノヒ』であるために、二百件ものいたずら電話に悩まされた会社がありました。
詐欺師の顔をさらすくらいなら、まあ分からんでもないですが、どうして電話までしますかねぇ?
正義を気取りたいクズが一番始末に負えません。
無関係な人に迷惑を掛けるなんて恥の上塗りもいいところです。
片っ端から捕まえて頂けないでしょうか?
世の中、言論の自由も、表現の自由もありますが、同時に責任もあるという自覚をもっと周知徹底させるべけではないでしょうか?

それとは別に、『はれのひ』が労働基準監督署に給料の未払いで5回も勧告を受けていたそうです。
そういう悪質な経営者は最後にこういう事をするのですから、2回目は社長名も含めて全国に告知するようにしてもらいたいものです。
消費者としても悪質経営者を見分けるひとつの基準となるはずです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA