いじめ見て見ぬふり

茅ヶ崎市の小学校で小学4年生の生徒が登校拒否になりました。
小学2年の時からいじめを受けていて、「何度も先生に訴えたが何もしてくれなかった」と。
対して先生は「だんだん面倒になって、見て見ぬふりをしていた」と認めたそうです。
これは先生が根本的な問題ではありますが、先生は問題解決のプロではありません。
そもそもの素人に丸投げすることが間違えております。
先生に課すべきは報告の義務だけ。本当は初期消火くらいはして欲しいですが、無理なら消防士を呼んで欲しいのです。
いったい、いつになったら全国の教育委員会はいじめ対策専門部隊を作る気になるのでしょうか?
先生を厳罰に処すべきは報告をしなかったことに絞るべきです。
世論としても、報告の義務を履行しない怠け者を糾弾していかないと、いつまで経っても問題は解決しません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA