やりたい放題財務省

公務員には絶大な権力があります。
であればこそ、法に基づいた執行を求められます。
文書管理も法に基づいたルールで管理されており、改竄や破棄が勝手に行われて良いものではありません。
しかるに、森友問題では決裁後の文書は書き換えるわ、やりたい放題です。
マスコミは政治家、もっといえば安倍総理の関与を炙り出したいのでしょうが、追及する筋が違っている気がします。
だって大元があの籠池夫婦ですから、あんな胡散臭い人物のために総理や内閣が一生懸命財務省に働き掛けるなんてやらないでしょう。
恐らく財務省が忖度する相手を間違えただけだと思います。総理夫人の名前出されただけで、良く調べもしなかっただけの話です。
しかしここで総理夫人の脇の甘さに付け入って、貸しを作れると財務省は考えたのではないでしょうか?
辞任とかで済む問題ではないでしょう。
実行した人は担当者かもしれませんが、指示した奴がいます。そいつも投獄して、きちんと記録をねじ曲げさせないように全ての公務員に肝に銘じさせるべきです。
政治家は歴史の審判も仰がねばなりません。記録を改竄する役人なぞ、大罪人です。
それにしても、こんな騒ぎの元となった安倍総理もそろそろ引退して頂いたほうが国の為ですね。
水は淀めば濁るもの。権力も長く続ければ必ず腐敗します。隣の国みたいに終身で元首なんてなってもらっては困ります。日本は民主国家ですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA