第2回人工知能EXPOに行きました

第2回人工知能EXPOに行きました。
相変わらず人が凄く、すぐ隣のクリエイターEXPOが可哀想なくらい。
人工知能の課題と限界も見えてきました。
人間に取って替わるなんて嘘だそうです。
大量のデータを一度に処理したりとかは得意ですが、状況判断を都度求められる自動運転とかはかなり厳しいそうです。
例えば、動物なら全部備わっている物理的常識がありません。教え込もうにも、どんなケースがあるのかをいちいちルール化しなければなりません。
まずやっていられない、と。
他にも社会的常識がありません。これもいちいち教えねばなりません。
一方の画像認識はそれなりに実用化が進んでいますが、海亀が何故かライフルと認識したり、汚い野球ボールがカフェラテと認識したり、エラーが時々起こるようです。
だからあくまでも人間の補助的役割しか担えません。
会計処理は得意ですが、会計監査はやはり出来ません。
会話を通して嘘を見抜く作業が必要になるからで、やはり明文化出来ない情報の蓄積が必要なのだとか。
農業や漁業への活用とか、だいぶ実用化されてきましたね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA