人命救助の女性が土俵に上がり塩を撒かれる

舞鶴市で大相撲の巡業が行われておりましたが、舞鶴市長がくも膜下出血を起こし倒れました。
看護師資格を持つ女性が咄嗟の判断で心臓マッサージをし、市長は一命を取り留めました。
「女は土俵に上がるな」と何度か行司がアナウンスし、後で大量の塩が撒かれたそうです。
土俵の女人禁制問題はずいぶん前から物議を醸し、また女性の役職者が増えた事から不可避の問題ではありました。
私は不合理な伝統はあっても良いとは思います。
博多の山笠も女人禁制ですし、差別であろうと、伝統芸能に不合理は許されるべきだと思います。
しかし、今回は人命が関わった話であり、万が一女性が降りていたらどうなっていたことか。
また穢れたと思って、塩を撒いたのなら、あまりにも失礼な話です。
むしろ尊い活動によって浄められたと考えるべきではないでしょうか?
それとも土俵の神様はそんなにも狭量なのでしょうか? 随分と穢れた神様ですね。そちらをこそお祓いすべきでしょう。
塩を撒く行為によって穢れたと思ったのは私だけではない気がします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA