朝鮮半島非核化

最近、色々と動きが激しいようで、もしかしたら書いている間にもいきなりの大転換がないとは言えないのが、朝鮮半島情勢です。
果たして本当に核放棄を北朝鮮がするのか、が焦点ですが、どうも最近の動きを見ると本気のようです。
弱腰のオバマなら小細工したでしょうが、トランプは何をするか分からない危うさを感じたのだと思います。
核放棄をしたら軍部が黙っていないという意見もありますが、異常に貧弱なインフラが皮肉にも金正恩の生命線になりました。
失業する軍人をしばらく土木事業に振り向ければ済むからです。
外国から派遣されるのは高度な技師のみ。
誰も職を奪われない。
全て外国の援助で養えるのですから、反対するはずはありません。
問題は日本と中国に払わせようとしていることです。
植民地精算をしろというなら、韓国が北朝鮮の分として受け取った分を差し引き、日本が過去に築いたインフラの使用料を差し引くべきです。
「ビジネスチャンスだ」とこの機会に儲けようとするのも良くありません。
また必要以上に援助もしてはいけません。
どうせ何をしたって感謝されないのですから。
何しろ、日本は千年の宿敵です。もう関わるのは止めましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA