変態から守るためには

新潟で痛ましい事件が起こりました。
やっと犯人が逮捕されましたが、先月にも事件を起こしていたみたいで、警察に捕まったのに、またやったのですから、ビョーキです。
いつも思うのですが、サイコパスと幼児性愛者は刑罰なんかで更正出来ません。
もっと別種の治療が必要だと思います。
出てきてもまた繰り返す者が多いのも特徴で、アメリカの研究によれば、未治療の性犯罪者が作り出す被害者は生涯で380人だそうです。
いや、マヂで?
大袈裟だとしても、決して一人ではないのは確かです。
現に、このクズは二人以上の犠牲者を出してます。
殺されなければ良いというものでもありません。
「知らない人についていってはいけません」と教えると、知り合いの変態からは身を守れません。
「常に複数のお友達と遊んで、終わったらすぐに帰りなさい」では、少子化で子供が少なくて難しいし、集団に無理に同調させて、気が合わなかったら可哀想だし。なかなか難しいですね。
我が子を守る方法だったら、格闘を習わせて、子供の集団の中でもいじめられないようにしておく、ですかね。
間違っても変態と1対1で対峙させてはいけません。身体は鍛える。
一方の小児性愛予備軍には、小学校くらいから教育し「小児性愛は病気だ」という自覚を持たせ、きちんとカウセリングを受けさせるべきです。
いくら刑務所にぶちこんでも終わらないし、社会的コストを考えたら、精神的な治療のほうがはるかに安上がりになるでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA