モディリアーニ172億円

ニューヨークのオークションでアメディオ・モディリアーニの裸婦像が172億円(150億+手数料)で落札されました。
昔、結構好きで、パリに行った時はモディリアーニの借りていたアパート『ラ・リューシュ』にも行ったりしたのです。
映画『モンパルナスの灯』も有名ですね。
モディリアーニはかなりハンサムでしたが、薬中の酒浸りでろくでなし。結核で若くして亡くなりました。
奥さんか支えますが、画商がモディリアーニの死を知った瞬間に安値で買い叩き、大儲けします。
奥さんはモディリアーニの死の2日後にお腹に第2子がいたのに自殺します。結構思い込みの激しい人ですね。だって長女がいたのに思い止まらなかったのですから。それだけ愛というかモディリアーニへの執着が凄いともいえます。
絵は宇宙人のグレイみたいな目で、黒目が無いのが特徴で、首がヒョロッと長い女性像が多いのですが、今回落札された絵はあまりモディリアーニっぽくない。
正直、よくそんな金額を出したな、と思います。
もし生きている時代にその価格で売れていたら、また違う人生になったのでしょうが、退廃的じゃないとらしくない。
典型的な芸術家だから人気があるのかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA