自殺をしてはいけない理由

また兵庫県でいじめを放置していて、小学生が自殺した事件が発覚しました。
そろそろ文科省はいじめ即応部隊を都道府県教育委員会配下に設置する事を真剣に検討したほうが良いのではないでしょうか?
それはともかく、良い子たちに強く訴えたい事があります。
自殺をしてはいけない!
何故か?
本人が苦しいだけではありません。
ダメージは近しい人ほど大きく、良い人ほど大きいからです。
家族、親友ほど深く傷付き、いじめっ子にはノーダメージです。
「遺書に名前を書けばきっと批判されるに違いない」
そうかもしれません。
でも、人間のクズが批判されたくらいで傷付くでしょうか?
どんなにネットで吊し上げられても、名前を変えたら終わりです。それ以上のダメージはありません。
でも家族は、友達は、一生悔いて生きるでしょう。
許せますか?
また、性格の良い人ほど悲しむでしょう。
性格の悪いヤツは何とも思いません。オモチャが壊れたくらいにしか思いません。
それで良いのですか?
自殺は復讐の手段にはなりません。
ちゃんと復讐しましょう。
あなたをいじめた事を後悔させましょう。
きちんといじめっ子にダメージを与えましょう。
自殺は自分の家で自爆テロをするのと一緒です。
あなたの好きな人たちだけが苦しみ、いじめっ子はかすり傷すら負わないのです。
きちんとその現実を学校でも教えて欲しい。
「いのちを大切に」なんてバカでも分かる話しかしない教師は無能です。
具体的にあなたを救う能力がある人を探してください。
分からなかったら私に訊いてください。
「有料で請け負ってくれるプロを探してください」とアドバイスすると思います。
金がない? 敵からむしり取りましょう。
その方法もプロなら知っているはずです。
それをしないプロは怪しいです。
きちんと評判は調べましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA