秋風ロス

何の話かといえば、NHKの朝ドラ『半分、青い』に登場するキャラクターにトヨエツ演じる秋風羽織がおります。
主人公は楡野鈴愛(永野芽郁)で、タイトルの『半分』は鈴愛の左耳が病気で聴こえなくなったことに由来します。
鈴愛は漫画家を目指して上京し、少女漫画家として大作家だった秋風の弟子となります。
元々は鈴愛の実家で作っていた五平餅をいたく気に入り、邪な思いで鈴愛を弟子にしたのですが、やがて弟子として時には厳しく、時には優しく導きます。
横暴だったり、ワガママだったり、まるで子供みたいな秋風ですが、時には父のように優しく鈴愛を包み込みます。
ネームが無くなったのは鈴愛のせいだとクビにしたかと思えば(後で自分が電子レンジに置いていた事が発覚)、弟子を出版社に紹介してデビューのお膳立てを強力に援護、時には鈴愛が穴を空けようとした瞬間に、鈴愛のアイディアを漫画化した原稿をあてがってダメージを与えないようにする。
まさに男の中の男でもあります。ちょっと出来すぎた師匠ですが。
今日の朝、ついに才能の限界を痛感した鈴愛に、「辛いのなら漫画家を辞めなさい」と秋風が引導を渡します。
それは良いのですが、ネット上で『秋風ロスが広がっている』と書いてあるのです。
いや、まだロスとは限らないのに、どうして先読みした展開をぶちまけるのか?
私が不満はそこです。
別に漫画家辞めたって、秋風をキャラとして出したって良いじゃない。
別に死んだ訳でもないのに。
「もう出ないんだな」と分かっちゃうのが腹立たしい。
『朝イチ』で博多華丸が「土曜日の次週の予告は視ない」と宣言しておりましたが、その気持ちが分かります。
あ、朝ドラの後に、朝イチの冒頭5分くらいを視るのが日課になってます。
朝ドラに関連した華丸のボケと大吉の突っ込みがセットで好きなのです。
7月4日(アメリカ独立記念日)とかけたのも、面白かった。
作者以外からの先回りしたネタバレは勘弁して欲しい、という話でした。
しょーもない話で申し訳ありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA