『イミテーション・ゲーム』を観ました

『イミテーション・ゲーム』を観ました。
2014年公開の実話を元にした映画です。
ベネディクト・カンバーバッチ主演。
コンピューターの原理を編み出したアラン・チューリングを演じます。
第二次世界大戦の時に、イギリスはナチスドイツに苦しめられます。
無線から流れてくるドイツ軍の命令を暗号化され、解読することが至上命題でした。
当時無敵の暗号機エニグマは誰にも解けず、チューリングは「機械に解かせる」と計算機を作ります。
チューリングはアスペルガー的な気質で、傲慢かつ無礼で、他の専門家(言語学者、機械工学博士、電気技師等)と決定的な溝が生まれます。
その溝を埋めたのが、キーラ・ナイトレイ演じるジョーン・クラークです。
チューリングよりも早くクロスワードパズルを解く才能を持ちながら、女性ならではの細やかさを見せ、他の専門家たちとチューリングの関係を取り持ちます。
やがてチームは一体となっていき解読に成功しますが、新しい壁にぶつかります。
暗号が解読されたとドイツ軍に分かると、変更されてしまいます。
そこで確率的に不自然ではないレベルで被害が最小限になるよう計算して、ドイツ軍を攻撃していきます。
たとえ身内がUボートに攻撃されると分かっていても、見て見ぬふりをしたのです。
その事でメンバーはかなり良心の呵責に苛まれますが、徐々に効果を発揮し、連合軍を勝利に導きます。
「救えなかった人の数より、救えたであろう人たちの数をかぞえなさい」
妻となったジョーンはチューリングに囁きます。
見殺しにした負い目はイギリス政府にもあり、今回の功績は一切公表されませんでした。
チューリングはゲイでしたが、戦後数年で逮捕されます。
容疑はホモセクシュアル。
当時は違法だったからです。
禁固2年かホルモン治療かでホルモン治療を選び、そのすぐ後に自殺します。
イギリス政府がチューリングの名誉回復をするのは50年も経ってからで、恩赦はなんと2013年です。
最期まで時代に翻弄された人生でした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA