取調映像の是非

栃木で起きた幼女殺人事件の裁判で、自白した時の映像を根拠とした一審判決の一部を否定しながらも、他の客観的事実のみを根拠として、同じ無期懲役の判決を言い渡しました。
これは、「自白映像によって裁判員の判断が左右される」という理由です。
なるほど、と。
つまり、積極的な証拠として開示するのではなく、被告側が「自白は強要されたものだ」と主張できなくするためだけに撮っておかれる、という話になります。
たしかに納得できる部分もありますが、これもケースバイケースで良いのではないか、とも思います。
検察側は早速、不満を表明しております。
どちらかといえば、検察側を縛る道具にしかなっておらず、何のために協力するのか、となるからです。
自白の信用性の有無を補強する材料ですから、プラスにもマイナスにもとしておいたほうが、取り調べの可視化には結果的にプラスになると私は思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA