重いランドセル

文科省が置き勉(教科書を学校に置く)を認めるよう通達を出しました。
小学生の教科書は、新学習指導要領の変化もあって、年々大きく、厚みも増しているのだとか。
ゆえに重くなり、小学1年生で3.7kg。平均体重が21kgだから、実に体重の20%の荷物を毎日持っている事になります。
3割の子供が腰の痛みを訴えているそうなので、当然ともいえます。
アメリカなどては、学校用と家庭用に教科書があったりします。
教科書を二つ用意するかはともかく、意味のない拷問で成長期の子供を苦しめる必要はないかと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA