今季ドラマ

まずは月9の『絶対零度』ですが、アメドラ『パーソンインタレスト』の劣化版という感じです。
『健康で文化的な最低限度の生活』は意欲的であり、様々な生活保護受給者の実態が垣間見れたのは良いですが、一番問題となっている不正需給には斬り込まず。
無論、需給者への偏見を助長する危険があり、避けたのでしょうけど、そうなったら、何のためにこんな社会問題を取り上げたのか?
『義母と娘のブルース』も観ておりますが、仕事だけがバリバリ出来るけど、感情の欠落が見られるターミネーター義母(綾瀬はるか)にリアリティーが感じられず、佐藤健を無駄遣いしている感が半端ないです。
ただ、まぁ良いか、と観てます。
『刑事7人』はセカンドシーズンですが、あまり面白くなくなりましたね。
『グッドドクター』はテーマが小児科医の話で、絶対に可哀想な話にしかならないので観ておりません。
子供が苦しむ話は観たくないので。
評判は良いみたいですね。
『高嶺の花』は第1話で止めました。
パソコンで作業しながら、画面をほとんど見ずに、会話だけを聴いていたのですが、全く頭に入ってきませんでした。
もう良いか、と。
『サバイバル・ウェディング』は予想通りにイマイチな話で、波瑠が結婚出来ない女、という設定があまりにもリアリティーが無さすぎて、ドラマが上滑りしてます。
せめて可愛いかどうか微妙くらいの女優にしないと、話が回らない気がします。
暇だとたまに観てますが。
『この世界の片隅に』は話題になった映画のドラマ版なので、観てます。
やっぱり終戦間近は悲惨で、アメリカはどうしたら第二次世界大戦では正義だなんて戯れ言を宣えるのか、と強烈に感じます。
まぁ、だからこそ未だに無人機で無辜の民を殺戮出来るのでしょうけど。
深夜枠はまた別途。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA