日露首脳会談

ロシアのプーチン大統領と安倍総理が会談を行いましたが、案の定、大した成果なし。
まあ、分かっていたことなので、妙な取引をしてくるよりはマシですが、本当にやる意義があったのか?
相対的にロシアの存在感は増しておりますが、選挙介入疑惑でヨーロッパやアメリカ議会からは白眼視され、少しでもお友達を増やしたいプーチンの狙いは分かります。
しかし、日本側はこの会談で何か得られる確証があったのでそょうか?
国際会議の席で、ちょっと握手を交わす程度で充分だったような気がします。
ホント民主党政権とかじゃなくて良かった。
もしくはスクランブル発進が増えているのですから、「平和条約の前に、領空接近を止めんかい」くらいは言って欲しかった。
何か裏での成果でもあったんですかね?
気になるところです。

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA