『スリープレス』を観ました

『スリープレス』を観ました。
マギー・Q主演。
子供の頃に夢遊病の弟を亡くし、大人になって睡眠障害を専門にしたクリニックに務めるマギー。
ある一家が相談にきます。
なんと父、母、姉、弟の全員が夢遊病。
父は亡くなった赤ん坊をあやす真似をし、最後は凶暴になって壁に穴が空くほど殴る。
母はミキサーでスムージーを作るのですが、指を入れそうな感じで観ているとハラハラ。
姉は「大キライ」と叫びながら植木バサミでぬいぐるみの首チョンパ。
弟だけがベッドで金縛りに遭い、エクソシストのように身体を仰け反らせて苦しむ。
病院で一家に寝てもらい、マギーが観察しますが、一家が同時に起き出して妙なことをし始めます。
観ていてイライラするのは、ミキサーと植木バサミはちゃんと大人が起きていないと出せない所に仕舞おうよ、と思ってしまうところです。
それに眠りが浅いからなるんで、もっと深く眠ったらどうなの? とか、科学的アプローチが不足している気がします。
ホラーはダメ映画率が高いので、なるべく評価を観てから借りるようにしているのですが、完全にレビューの点数に騙されました。
ネタバレしたくないので、レビュー内容は見ずに、点数だけ見ていました。
はっきりいって、誉めている人が見当たらない。
逆に、この映画より低い点数を付けられている映画を製作した人は辞めたほうが良いくらいのレベルと思わないといけない気がしてきました。
しかも、結局、正体をはっきり見せないまま終わります。
私の一番嫌いなパターンです。
86分と短めでしたが、それでも長く感じるくらいダメ映画と断言します!

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA