ハロウィン暴徒

ハロウィンの夜に渋谷で若者が繰り出し、騒ぐ映像を最近はよく見るようになりました。
愚行は若者の特権ですから、犯罪でない限りは多目に見てやるのが大人です。
ところが商業主義に走り出したあまり、暴走を止められなくなりました。
保守的なうちの会社でもペッパーに仮装させ、カボチャを社員に彫らせるくらいですから、馬鹿な若者が暴走するのも必然なのでしょうか。
痴漢や盗撮、スリくらいなら、群衆に吸い寄せられるので理解はできますが、ラーメン屋の券売機を壊したり、軽トラを倒すに当たってはもはや理解出来ません。
家族が安心して繰り出せる街になってないし。
渋谷区も大勢の人出で儲かるなんてゲスなことを考えずに、治安維持に気を配るべきでしょう。
「暴虐を働く者は晒し者にする」宣言をすべきです。
若気の至りと甘やかすから付け上がる。
罪には相応しい罰を与えるべきです。
いきなり晒すから問題なのであって、ちゃんと宣言しておいて晒すべきです。
もちろん、全ての犯罪にではなく、酷い犯罪に対して、でありますが。
派手ハロウィンじゃなくて地味に笑えるハロウィンも登場してきました。
多様なハロウィンで楽しく、愉快な祭りにして頂ければ幸いです。

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA