『ゴーストブライド』を観ました

『ゴーストブライド』を観ました。
ロシア映画です。
予告編を見て、面白そうと思って借りましたが、期待はずれでした。
女子大生が恋人との結婚式を控え、恋人の故郷に行きます。
その家は昔から、ある儀式をしており、死んだ妻の魂を農奴の娘の肉体に移し替える儀式をしている家で、女子大生がババアの魂を注入されそうになる、というしょーもない話でした。
ほとんどドリフの「志村うしろ!」状態で、観ているほうは次に何が起こるか分かっていて、劇中の人物だけが間抜けに振る舞ってました。
それは主人公も悪役側も同じで登場人物総間抜け状態。
こんな映画がロシアでの興行成績が良かったらしいので、ロシアンホラーも程度が知れています。
まあ、ブレアウィッチ(私の中では歴代最低)ほど酷くはなく、きちんと説明はされておりますが。
ブレアウィッチがスマッシュヒットしたアメリカもあまり大したことないかも。

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA