ブレグジット協定否決

イギリスの議会でEUとの離脱に関する協定を審議しておりましたが、大差で否決されました。
ブレグジットは国民投票で規定路線なので、このまま行けば協定無きままに離脱となります。
一番の問題は国境の管理です。
イギリスは北アイルランドがアイルランドど地続きで接しており、壁を造るのも容易ではありません。
北アイルランド独立運動が下火となった理由に、EUによる緩やかな統合があって、独立に意味が無くなったからでした。
二百年前には世界を支配したくせに国内の統合を今に至るまで出来ていませんでしたが、そのツケがここに来て払う羽目になってます。
議会が納得する協定案をEUが呑む訳もなく、なし崩しで混乱が続きそうです。
まさかのウルトラCでEU離脱を止めるとか?

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA