カテゴリー別アーカイブ: 時事放言

『つぶやき』改め『時事放言』です。
管理人、高桐遊が日々思うことを、徒然なるままに記していきます。

弁護人の品位

刑事事件には必ず弁護人が付きます。
「疑わしきは被告人の利益に」とか国家権力と対峙しなければならない被告人がより優遇されるべき理屈も分かります。
しかしそうだとしても「その主張はおかしくないか?」と感じざるを得ない事例がしばしばあります。
量刑を軽くせんがために、屁理屈を並べ立てたり、「ドラえもん」に縋ってみたり。
東名あおり事故の裁判でも弁護側の主張は矛盾だらけです。
危険運転致死傷罪の適用に当たって、「停車が含まれない」は完全に屁理屈です。
だって高速道路でなくとも右側車線で停まっていると考えるドライバーはおらず、居眠り運転だって当然予測できるのだから。
高速道路に最低速度がある以上、危険行為なのは明らかです。
また、事故後にあおり運転をしており、反省していないのも明らかです。
というか、そんなヤツどうして警察は野放しにしたのか?
23年でも軽いほうだと思います。
いずれにせよ、屁理屈ではなく、きちんと正論で対応すべきだと感じました。

《いじめ・登校拒否人気ランキングへ》